So-net無料ブログ作成

「愚かな総理かもしれません」と首相 米紙の報道に(産経新聞)

 【党首討論詳報】(2)

 首相「確かに、ワシントンポストのいわれるように、私は愚かな総理かもしれません。それを、昨年の12月において、もし、『エイヤ』と、辺野古という場所に新たな普天間の移設先を決めていれば、どんなに楽であったか、はかりしりません。そしてそのことでオバマ大統領との間で、日米関係が一見、良くなったようにみえたかもしれません。しかし果たしてそうでしょうか。私はそうは思わなかった。決して、愚かだったから、愚直だったから、あるいはそうかもしれません。しかし、結果として辺野古の海、果たして工事が進んだでしょうか。私は結果としてあと数年間、何も動かなくなる。結果として日米関係が一見よくなったにもかかわらず、結局は日米安保、おかしくなったね。あの結論、間違いだったじゃないか、そのようにいわれたかもしれない」

 「私はだからこそ、沖縄の県民の負担をできるだけもっと少なくしていかなきゃいけない。今日までの沖縄の皆様方の大変なご負担を考えたときに、少しでもそれを和らげることができた、愚直にそう思ったのは間違いでしょうか。私は決して間違いだとは思っていない。私はその思いの下で、オバマ大統領に核セキュリティーサミットの時に、むしろ、私は日米安保を大事にしたい、日米同盟というものを大事にしたい、日米同盟というものをさらに維持発展していきたい。そのためにも、沖縄のみなさんの負担をもっと軽減させる道はないか。今、その思いで努力をしているところである。そのことが結果として、日米安保の将来にとってもいいことになるはずだ。だから、5月末までに必ず私として責任を持ちますから、だからぜひオバマ大統領にも協力を願いしたい。そのことを10分間、わざわざオバマ大統領が核セキュリティーサミットワーキングディナー、冒頭の時間を鳩山に与えていただいて、そのことを申し上げたところでございます」

 谷垣氏「私はね、もう1回愕然(がくぜん)としましたよ。日本国総理大臣が『私は愚かだったかもしれない』、なんですかそれは。私はあなたにもっと使命感をもっていただきたいと思います。それで、今あなたの思いは聞きました。しかし私は今、オバマ大統領と何を話したのかということをうかがったんです。10分間というのは十分だとは私は思いませんよ。なぜ、今それほどのあなたの思いがあるのなら、日米間の話し合いは大事でしょう。なぜ、100分間ではなくて、ワーキングディナーの最中ではなくて、正式な会談をやらなかったんですか。申し込んだんですか。お答えください」

 鳩山首相「それは当然、オバマ大統領との間にもっと時間がほしいと、そういう話は外務省を通じて申し上げたんではないかと思います。ただ、私としてもオバマ大統領としても、今回はこのぐらいがよろしい。少なくとも、政府の案というものを、腹案はもっていますが、必ずしもしっかりと決まっていない段階の中で、あまり長い話をするよりも、このワーキングディナーのときに、10分間のところがよいと、オバマ大統領の方が判断されたと思います」

 「われわれは10分間の中で、自分として今、精いっぱい、この状況の中で、日米同盟というものを重要であるということを申し上げて、日米同盟をさらに重視するという立場の中で時間をいただきたい。その中で必ず、将来にとって良かったと思っていただけるような決着をさせてまいりたい。その趣旨で申し上げたところでございます。決して、確かに10分以上の時間があればよかったと思います。しかし、オバマ大統領もこの短い期間の中で十数人の方と首脳会談をされたんだと思います。その中で今回は私はまず、トップバッターとしてオバマ大統領との時間が与えられたことに、その思いを感謝をしております」

 谷垣氏「まったく理解できませんね。あの、今最初、普天間に力を入れてといわれた。普天間も大事ですよ。だけど、この核サミットも大事なんです。10分間でできたんですか。本当はもっと時間を取った、そういうことをもっと努力されなきゃいけなかった。これだけの重要問題でありながら、今のあなたのご答弁は全く理解できない」

 「それで今、普天間のことをおしゃったから普天間に移ります。昨日の本会議でですね、わが党の小野寺五典さんの質問、総理の腹案でも2014年の普天間返還に変わりはないかという質問に対して、総理は2014年返還とはおっしゃらなかった。危険性の除去と答弁をされたわけですね。総理、これはどういう意味ですか。危険除去というのは返還ではないんですか。それとも普天間は一部でも継続使用されるという意味を含んでいるんですか。この危険性の除去ということの意味合いをおしゃってください」

【関連記事】
党首討論要旨 鳩山首相「私は愚かかもしれない」
和解拒否し訴えられる ゴールドマンめぐり米紙
イラン大統領がオバマ氏に書簡 核問題で牽制か
「普通なら退陣でしょう」 普天間問題、迷走する鳩山政権
「一国の首相に失礼だ」藤崎駐米大使が米紙のコラムに不快感

明石歩道橋事故、過失受け入れぬまま元副署長 強制起訴(産経新聞)
春の大雪、道内大荒れ…日高では記録的大雨(読売新聞)
普天間移設 徳之島住民「命がけで反対する」(毎日新聞)
引っ込みつかなく?舛添新党、自民は冷ややか(読売新聞)
放鳥トキ、新たに産卵か 別のペアは今週末にもひな誕生(産経新聞)

焼け跡から2遺体、首に圧迫の跡…富山(読売新聞)

 富山市大泉の3階建てマンション兼店舗で20日、2階住居部分が燃え、焼け跡から男女2人が遺体で見つかった火災があり、富山県警は、いずれの遺体も首に絞められたような跡があることなどから、富山県警は2人が殺害され、放火された殺人・現住建造物等放火事件と断定。

 21日、富山中央署に捜査本部を設置した。

 発表によると、20日午後0時25分頃、2階の会社役員福田三郎さん(79)方から出火、寝室の床に倒れた状態で2遺体が見つかった。男性の遺体は損傷が激しく、県警は福田さんとみてDNA型鑑定で特定を進めている。女性は妻の信子さん(75)と確認した。

 司法解剖で、2人は首を圧迫されたことによる窒息死と判明。信子さんの首には、ひも状のもので縛ったような跡もあった。玄関の鍵は開いていたとみられる。県警は住居内に侵入した何者かが2人を絞殺後、部屋に火を着けたとみている。

 福田さん夫妻は2人暮らしで、建物は、1階が居酒屋で、2、3階はマンション。

 捜査本部は21日午前8時から現場検証し、出火原因を調べる。

<日産子会社>下請け業者への代金を不当に減額 公取委勧告(毎日新聞)
ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」(産経新聞)
本四の高速上限料金見直しを=国交相に要望−地元民主議員(時事通信)
首相動静(4月19日)(時事通信)
鳩山首相 「さくらの女王」ら表敬(毎日新聞)

小沢幹事長 両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、地元の岩手県奥州市水沢地区で、後援会関係者ら約2500人(主催者発表)を体育館に集め、父佐重喜氏、母みち氏の「偲(しの)ぶ会」を開いた。鳩山内閣の支持率が急落し、小沢氏の辞任を求める世論も7、8割に達する中、年忌法要でもない時期の大法要は、143人の議員団を率いた昨年の訪中や、自宅に166人の議員を集めた今年の新年会と同様「数の力」を頼む権勢誇示との指摘もある。小沢氏は法要で「本当に最後の総仕上げ、最後のご奉公だ」と強調したが、地元という自らの「原点」で示した強気の陰には、追い詰められた権力者の孤独もかいまみえる。

 ◇地元も揺らぎ、「数の力」に頼る

 「何としても日本に民主主義を定着させ、国民生活を末永く安定したものにする。私も残りの人生を頑張ってまいりたい」

 小沢氏は偲ぶ会でこう語り、支援者一人一人を握手で見送った。小沢氏の意向で法要には地元以外の国会議員は呼ばれず、達増拓也岩手県知事と今夏改選の2人の地元参院議員が指名を受けて焼香した。小沢氏に近い党幹部は「『お前たちは地元でこれだけ集められるか』という、党内へのデモンストレーションだ」と解説する。

 小沢氏は95年3月、今回と同じ水沢体育館で母みち氏の葬儀を営み、約4000人を集めた。94年暮れに新進党を結成したばかりの小沢氏にとって、1カ月後の統一地方選と夏の参院選に向け、幹事長として力量が問われる正念場だった。

 葬儀には小沢氏が岩手県知事選への擁立を主導した増田寛也氏も参列。統一地方選で増田氏は初当選を果たし、95年参院選で新進党は40議席を獲得し改選議席を倍増させた。この時の勝利が念頭にある小沢氏は、今回の法要も「水沢体育館でやれ」と指示。今月12日の記者会見で「(地元に)僕が行けば必ず数千人集まる」と強調していた。

 しかし、小沢氏を取り巻く状況は厳しさを増している。20日にも自らの資金管理団体を巡る事件で検察審査会の議決がでる可能性がある。21日には党首討論、22日には鳩山由紀夫首相の元秘書の政治資金規正法違反事件の判決というハードルも控える。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の混迷で首相と小沢氏が退陣する「5月政変」の可能性もささやかれる。

 初当選以来小沢氏を支援してきた地元後援会関係者でさえ「水沢でも『何でもっと身の回りをきれいにしねえのや』と言う人もいる。法要に誘っても足踏みする人もいた。足元が崩れかかっている」と疲れた表情で語る。

 小沢氏が師と仰ぐ故田中角栄元首相は、ロッキード事件の1審有罪判決後、竹下登蔵相(後に首相)の父親の葬儀に国会議員約100人を率い、チャーター機で島根入りした。逆境をはね返そうと強気に出る姿は、「訪中」「新年会」「大法要」と一連の行動で数に頼る小沢氏と重なって見える。

 ◇「誰にも相談しない」

 しかし、なぜ両親の法要なのか。小沢氏は68年に死去した佐重喜氏について「親しみというか、父子の情愛というか、そういう情緒的な思いは、あまり持っていなかった」(80年出版の「人間小沢佐重喜」への寄稿)と語っている。

 「最後の奉公で頑張る」(小沢氏)とした07年参院選前の4月、小沢氏は鹿児島県の故二階堂進元自民党副総裁の墓前で手を合わせた。昨年8月の衆院選直前にも、父佐重喜氏の墓参りの後、郷土出身の原敬元首相の墓参りをしている。

 「何か決める時、小沢さんは誰にも相談しない」(側近議員)。小沢氏にとって、ここぞというときに頼れるのは物言わぬ「仏」だけなのかもしれない。【念佛明奈】

【関連ニュース】
民主党:参院幹事長「暫定税率を維持」…環境と整合性なく
小沢幹事長:衆院選マニフェスト見直さず
小沢幹事長:後援会が地元で18日、両親の「偲ぶ会」
米国:「事務所に問い合わせて」 小沢氏訪米中止で国務省
小沢幹事長:5月の訪米見送り

福島・社民党首が石原都知事の発言の撤回求める(産経新聞)
「たちあがれ日本」旗揚げ=反民主、「第三極」目指す−平沼、与謝野氏ら5議員(時事通信)
「Sense of Wonder」最終発表でFlare、羊毛とおはな追加
裁判員裁判の量刑、殺人や性犯罪で重い傾向(読売新聞)
1億2千万円脱税でビル管理会社社長を告発 東京国税局(産経新聞)

スーツケース遺体 出頭の男逮捕、女性遺棄容疑で 金沢(毎日新聞)

 金沢市の山中でスーツケースに入れられ頭部を切断された女性の遺体が見つかった事件で、石川県警金沢中署捜査本部は2日朝、前日夜に同署に出頭した男を死体遺棄容疑で逮捕した。男は「自分が遺棄した」と供述。殺害についてもほのめかしているという。頭部は「スーツケースと同じ場所に捨てた」と供述しており、捜査本部は同日午前、同所周辺の山中の捜索を始めた。

 男は同市安江町、自称無職、飯沼精一容疑者(60)。逮捕容疑は、昨年10月上旬ごろ、スーツケースに女性の遺体を詰め込み、同市二俣町の県道沿いのがけ下に投げ捨てた、とされる。

 捜査本部によると、飯沼容疑者は遺体について「昨年春に雑誌の女性紹介広告を通じて知り合った30歳代の外国人女性」と供述しているという。捜査本部は詳しい経緯や動機を調べるとともに、遺体の身元特定を急いでいる。

 スーツケースは建築会社員が発見し、3月29日に「異臭がする」と通報。同日、県警が中から遺体を発見した。【宮本翔平、松井豊】

【関連ニュース】
スーツケース遺体:男が出頭、関与ほのめかす…石川県警
死体遺棄:スーツケースから頭部のない女性遺体 金沢
金沢・女性遺体遺棄:男出頭、関与か
死体遺棄:スーツケースに遺体 死後数週間、頭部ない女性−−金沢の県道脇
金沢・女性遺体遺棄:遺棄は22日以降 首切断から時間置く?

「ネットハンター」が始動=闇サイト捜査、専従班設置−警視庁(時事通信)
<小美玉市長選>島田氏が無投票再選 茨城(毎日新聞)
シー・シェパード元船長起訴 海保「経験ない神経戦」(産経新聞)
花見 好天も後押し東山動植物園に3万5500人 名古屋(毎日新聞)
2月税収4.3%減=マイナス幅は縮小傾向−財務省(時事通信)

<空自談合>初の改善措置要求 公取委(毎日新聞)

 航空自衛隊の事務用品発注を巡る談合で公正取引委員会は30日、調達担当部署の歴代課長ら計10人が、天下りOBの受け入れ業者優遇のため組織ぐるみで談合を主導していたと認定し、官製談合防止法に基づく改善措置要求を北沢俊美防衛相に出した。談合した「イトーキ」(大阪市)、「内田洋行」(東京都中央区)など5社には独占禁止法違反(不当な取引制限)で計約3億7516万円の課徴金納付を命令。防衛省関連の談合摘発は99年以降5件目で、改善措置要求は初めて。

 公取委は会計検査院に通知し、検査院は空自の調達を検査する方針を固めた。事務用品などの調達に毎年十数億円規模の余った予算を充てており、費目外使用など不正経理と認定される事実がないか調べるとみられる。

 公取委によると、物品調達担当の空自第1補給処の資材計画課長は05〜08年度、上司の了解の下、OBの受け入れ状況などに応じて業者ごとに調達目標額を定め、部下に指示。事務用品発注担当の需品班と基地器材班は、入札ごとに受注させたい業者に意向を示して談合させていた。【苅田伸宏、樋岡徹也、堀智行】

【関連ニュース】
防衛省:前連隊長発言を擁護 陸自3佐を処分 1尉も指導
空自官製談合:空幕長が「悪意なし」発言 会見後に訂正
空自官製談合:防衛相「絵に描いたよう。びっくり」
準強姦未遂容疑:防衛大学生3人を逮捕 自衛隊・警務隊
埼玉県警商標権侵害:防衛省が警察庁に再発防止を要請

「事業計画書」作り「援デリ」運営 容疑で無職の男を逮捕(産経新聞)
<国立大>法人化後医系・文系で研究の質低下 学部長調査(毎日新聞)
<京浜東北線>工事男性が感電?…電車に遅れ、2万人に影響(毎日新聞)
長官銃撃は「オウムによるテロ」 警視庁が異例の会見(産経新聞)
<エフエム東京>40分の中断事故、放送が無音に(毎日新聞)

首相動静(3月28日)(時事通信)

 午前10時現在、宿泊先の千葉県鴨川市の鴨川グランドホテル。朝の来客なし。
 午前10時38分、鴨川グランドホテル発。
 午前10時47分、千葉県鴨川市の天津神明宮着。幸夫人とともに参拝。
 午前11時19分、天津神明宮発。
 午後0時13分、千葉県君津市の観光施設「房総四季の蔵」着。幸夫人とともに買い物。同32分、同所発。
 午後1時26分、公邸着。
 29日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

国分寺男性殺害 車で連れ去り、数人から事情聴取
<放送要請差し止め訴訟>原告適格なしと請求却下 大阪地裁(毎日新聞)
長官銃撃「教団内にうわさもなかった」…元オウム(読売新聞)
雑記帳 「気持ちよく勝たせてあげちゃった」(毎日新聞)
校庭にミカン苗、市教委が提訴へ…所有権確認で(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。